最近、愛犬に目やにが出る、涙やけで毛の色が変わってしまったなんてことはありませんか。目ヤニや涙やけは病気のサインであることもあります。
 ここでは愛犬の目ヤニや涙やけがでることで考えられる原因や対処法、動物病院に行くタイミングやどんな治療法を行うのかなどをご紹介します。

愛犬の目ヤニがひどいときに考えられる原因とは?

 愛犬の目ヤニがひどいときに考えられる原因は、「眼科疾患」、「逆さまつげ」、「食物アレルギー」などです。
 眼科疾患では結膜炎、角膜炎、ドライアイ、眼瞼内反症などが起こると目ヤニが見られます。
結膜炎は目の結膜が炎症を起こすことで引き起こされます。結膜とはまぶたの表面を覆っている粘膜の部分です。結膜炎では細菌やウイルスなどの感染により引き起こされます。黄色や黄緑色の目ヤニ以外にも結膜が腫れ、涙量が増加するなどの症状が見られます。耳や顔周りを足で引っ掻いたり、犬同士の喧嘩、免疫力の低下などにより起こります。老犬や幼犬などの免疫力が低い時期にも注意しましょう。
角膜炎は目の黒目の部分を覆っている角膜が炎症を起こすことで引き起こされます。角膜は目を傷つけたり、シャンプーをしたときにシャンプーを洗い流し忘れたり、ドライヤーの風を直接当てたりすることで発症します。シーズーやパグなどの短頭種は鼻が短く目が大きく目を傷つけやすいために、角膜炎を引き起こしやすい犬種です。角膜炎では痛みや違和感、涙量や目ヤニの増加などの症状が見られます。角膜炎は進行すると角膜が白くにごり、角膜に穴が空きます。最悪、失明することもあります。できるだけ早い治療が必要になります。
ドライアイでは涙量が少ないために角膜や結膜に炎症を起こします。涙腺などに異常、ジステンパーウイルスなどの感染症や、免疫介在性の病気によりドライアイを起こすことがあります。
眼瞼内反症はまぶたが内側に反転してしまっている状態の病気です。まぶたにより角膜や結膜が傷ついたり、炎症を起こすことがあるため、他の眼科疾患を引き起こしやすくなります。
 逆さまつげではまつげは逆さに生えている状態です。逆さに生えているため、常に角膜に刺激がある状態になります。そのため、目ヤニや涙量も増加します。
まつげを抜けば刺激を与えることがなくなるため炎症も落ち着きますが、逆さまつげを抜くとなると犬も嫌がります。嫌がっているのを無理やり押さえつけて行うと逆に目を傷つけてしまうこともありますので、無理をせずに動物病院で処置を行いましょう。
 食物アレルギーでも目ヤニが増加します。食物アレルギーは下痢や嘔吐などの症状として現れることもありますが、目ヤニや涙やけが増えるなどの飼い主さんが気づきにくい症状として現れることもあります。動物病院でアレルギー検査を行い、アレルゲンを特定すればすぐにわかりますが、一度ドッグフードなどを見直し症状が落ち着くかどうか自宅で調べる方法もあります。
 まず現在食べているフードの原材料を確認しましょう。犬は小麦やトウモロコシなどの穀物や豚肉や牛肉にアレルギー反応を起こす犬が多いです。原材料の欄の一番始めに記載されているのが小麦やトウモロコシなどの穀物が使われている場合はドッグフードを変更することをおすすめします。フードを変更しても変化はないようであれば、動物病院を受診し相談しましょう。

愛犬の目ヤニがひどいときの対処法は?

 愛犬の目ヤニがひどいときの対処法は目ヤニをこまめにとることです。濡れたコットンやガーゼ、ティッシュなどを使用し、優しく目尻を拭き取ります。濡らすことで生地が柔らかくなり、拭き取ったときに目を傷つけにくくなります。目を拭き取るときは優しくし、傷つけないようにしましょう。
 目ヤニをそのまま放置すると固まり、皮膚に炎症を起こすこともあります。目ヤニは出てきたらこまめに拭き取るようにしましょう。

動物病院に行くタイミングは?

 愛犬の目ヤニがひどいときの動物病院に行くタイミングは目の状態により変わります。
 症状が目ヤニだけであればこまめに拭き取り様子を見ましょう。目ヤニの量が増加したり、目ヤニの色が黄色や黄緑色に変わるようであれば動物病院を受診しましょう。
 症状が目ヤニだけでなく、角膜が傷ついていたり、結膜の炎症などが見られる場合は早めに動物病院を受診しましょう。動物病院を受診するまでの時間は犬が気にして引っ掻くことを防ぐためにもエリザベスカラーなどを付けましょう。
 目ヤニだけでなく、目をしばしばさせたり、目を気にしている素振りが見られる場合は目ヤニの量に変化がなくても動物病院を受診しましょう。目の病気は放置してしまうと病状が進行し、最悪失明することもあります。できるだけ早めに動物病院を受診し治療を行いましょう。

愛犬の目ヤニがひどいときはどんな治療を行うの?

 愛犬の目ヤニがひどいときは動物病院でどんな治療を行うのでしょうか。動物病院では結膜炎、角膜炎、ドライアイなどどんな病気なのか診断をしてもらいます。
基本的には自宅で点眼薬を投与することになります。2,3種類の点眼薬を5分おきにつけるのを1日3回行うなど治療には時間も手間もかかります。
 犬は点眼薬を怖がる事が多く、なかなか上手に目に入れられないことがあるので、初めて行うときは動物病院でしっかり教えてもらいましょう。

 愛犬に点眼処置を行うときは1人か2人で行いましょう。手伝ってくれる方がいるのであれば1人は犬の顔と体を押さえ、1人は犬の目に点眼を行いましょう。1人であれば犬のお尻と自分のおへそを合わせるようにします。自分の利き手で点眼薬を持ち、もう片方の手で犬の顔を押さえ少し上を向かせます。上を向かせてそのまま点眼薬を投与します。このときに点眼薬の口を目に直接つけないようにしましょう。

さいごに

 ここでは愛犬の目ヤニや涙やけがでることで考えられる原因や対処法、動物病院に行くタイミングやどんな治療法を行うのかなどをご紹介しました。
 目ヤニは結膜炎や角膜炎などの眼科疾患の初期症状として見られることもあり、病気の早期発見につながる重要なサインです。他にも逆さまつげや食物アレルギーなどでも見られるので犬の体調を見直すことも重要です。
 眼科疾患の場合、病状が進行すると目が白濁したり、視力が落ちるだけでなく、失明する恐れもあるため出来るだけ早く治療を行いましょう。