お宅では、ワンちゃんの毎日歯磨きをしていますか?
犬の歯磨きについて、今までに誰かに教わったことはありますか?

たとえば、最初にペットショップで子犬を購入した時に、
ペットショップのスタッフから、大まかな子犬の飼い方を説明されたと思いますが、
その時、毎日歯のケアをしてあげてくださいと指導するペットショップは少ないと思います。

まだまだ、犬の歯のケアについて正しい知識を得ることは少ないのですが、
犬は歯周病になりやすく、正確な歯磨きをしてあげることが大切です。

ここでは、歯磨きが嫌いなワンちゃんも、歯磨き好きにする方法をご紹介したいと思います。是非、参考にして、愛犬の歯の健康にお役立てください。

犬の歯磨き

歯磨きしないと怖い歯周病になる話

実は、3歳以上の犬に80%が歯周病に掛かっていると言うデーターがあります。
犬の歯垢は3~4日で歯石となります。

この歯石が歯の表面にできることで、また歯垢が付きやすくなると言う悪循環を起こし、放っておくと歯垢のばい菌が、どんどん繁殖して歯周病になります。

歯周病に掛かると、歯茎が炎症を起こし、腫れて赤くなります。
放置して進行すると、口の中の出血や、口臭、食欲の低下などが見られます。
ますます進行すると、歯が抜けると言う症状が起こります。

歯周病は口の中だけではなく、体にも影響を及ぼします。
細菌は、血管と通って心臓や腎臓・肝臓にまでたどり着き。内臓疾患を起こす場合もあります。

歯周病は、歯磨きで歯垢を落とすことで防ぐことができます。
たかが歯磨きと思わずに、大切な愛犬のために今日から歯磨きをすることをおススメします。

歯磨きの基本

犬の歯磨きをする場合、準備するものは、犬用歯ブラシのみです。犬用ではなく幼児用の歯磨きでも代用できます。

歯ブラシがあれば、さて始めようですが、今まで歯磨きをしたことの無い犬が、
大人しく口を開けて歯磨きをさせてくれるとは、到底思えません。

まずは、歯磨きに慣れさせることが大切です。
それでは、歯ブラシを使用する前に、口を触れられるのに慣れさせることから始めましょう。必ずご褒美をあげながら進めると良いでしょう。

口に触られることに慣れてきたら、次は口に中に指を入れられることに慣れさせましょう。
口のなかに指を入れたら、優しく歯茎をマッサージをしてあげましょう。
長時間は嫌がるので、最初は10秒くらいで徐々に延ばしていきましょう。

それから、いよいよ歯ブラシを口に持って行ってみましょう。
最初は、歯磨きの匂いを嗅がせることから初めて、こちらも徐々に慣れさせましょう。

無理やり行っても効果は上がりません。
嫌がる時は途中でやめてもかまいません。ゆっくり歯磨きを覚えさせて行きましょう。

歯磨きトレーニング基本

  1. 膝の上に犬を落ち着かせる
  2. 声を掛けながら口の周りを触ってみる
  3. 大人しいようなら、上唇を捲ってみましょう。
  4. 口を耳の方向に引っ張り、奥歯が見えるようにする。
  5. 指で奥歯を触ってみましょう。
  6. 口を大きく開ける特訓をしましょう。あ~んと口を開けさせたらご褒美をあげましょう。
  7. 徐々に口を開けている時間が長くなるよう特訓です。
  8. ガーゼで歯茎などを拭いてみましょう。
  9. 歯ブラシを口に入れてみる。
  10. 歯と歯茎の間を磨いてみましょう。

あくまでも、優しくソフトに磨くようにしましょう。
全てを一度に済ませずに、今日は前歯、明日は奥歯などと、進めて行きましょう。

徐々に慣れて来たら、横の歯や前歯など磨きにくい部分も磨くことにしましょう。
歯磨きは、毎日が良いのですが、中々難しい場合は、2~3日に一回でも大丈夫です。

どうしても嫌がる場合の歯磨きをどうしよう?

どうしても口の中を触れさせるのが苦手なワンちゃんもいます。
しかしここは、しつけと心にきめて、繰り返し歯磨きをしてみましょう。

決して無理強いせずに、あせらず徐々に進めていきましょう。

また、歯磨きガムや歯のケア用のおもちゃで歯磨きが出来ないことを補いましょう。
この歯磨きガムですが、全部与えてしまうと、丸のみ状態で歯磨きの意味がありません。

歯磨きガムは、飼い主さんが手に持って、奥歯で噛ませる様にしましょう。
歯磨きガムの役目は、歯垢を落とす、唾液の分泌を促して、口の中を清潔に保つことです。

犬用のおもちゃ中には、噛んで遊んでいることで、歯周病予防になっているものもあり、
愛犬の興味を引くものを、好みに応じて選んであげましょう。

食事のあとで、タオルなどを噛ませて遊ぶのも歯磨きの代わりになります。

歯の健康診断と治療

愛犬の健康診断は受けていますか?年に一度くらいは健康診断を受けて、
病気の早期発見に役立てましょう。

その健康診断時に、お口の中もチェックしてくれる動物病院を選ぶことをおススメします。

犬の歯は元々白く、2歳を過ぎることから歯垢や歯石が溜まるようになり、
歯が茶色なってくることもあります。歯垢たまり歯周病になると口臭がしてきます。

ここまでなら、まだ初期段階です。病院に行き歯石や歯垢の除去をしてもらいましょう。

犬の歯のケアについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
犬は自分で、お口のケアはできません。

愛犬の歯の健康を守るのは、飼い主の役目です。
毎日の食事にソフトフードを与えている場合は、特に歯磨きは必須です。

ソフトフードは、歯の表面に付着しやすく歯垢や歯石になりやすく、
できれば、ドライフードを与えるようにしましょう。
良質なドライフードを選べば、歯垢や歯石がつきにくく安心ですね。

歯の健康は、体の健康にも繋がります。
愛犬を健康に育てるなら、日頃の歯磨きなど、手を掛けて育ててあげることが重要ですね。