お宅の大切な猫ちゃんは、フガフガ言いながら体を噛んだり掻きむしってはいませんか?
そんな時に考えられるのが、ノミやダニが原因で痒みがあり、猫も困っていると言う状態です。

どんなに痒みが有っても、猫自身ではその痒みを止めることが出来ずにいるのですから、ここは飼い主の出番です!大切な猫をノミやダニから守ってあげることは、飼い主の役目です。

もちろん、ノミやダニの中には人間に被害を及ぼすものもあります。
そのためにも、猫にノミやダニが寄生しないように予防してあげることが大切です。
また、もしノミやダニが要る場合は、その駆除をして痒みを止めてあげる必要があります。

今回は、その猫のノミとダニの対策についてお話させて頂きます。
是非、参考にお読みください。

ねこのダニ・ノミ予防法

猫のノミ被害について

猫の体に寄生するノミで、代表的なものは外部寄生虫です。
猫に寄生するので「ねこノミ」と呼ばれています。

この「ねこノミ」は猫のだけではなく、犬や人、ウサギなどにも寄生するので厄介です。
うちの猫は外に出さないから大丈夫と安心はできません。

ノミは人が外出中に草むらなどでカラダに付けている場合があり、それを家に持ち帰ってくるケースや、外を歩くのら猫がノミを落として、網戸越しに侵入してくるケースも有ります。

猫の体にノミが寄生すると、痒みにため、噛んだり引っ掻いたりして皮膚炎を起こします。
ノミの唾液に含まれている物質によりアレルギーを起こすことも有ります。

猫がしきりに痒がる様子を見せたら、まずノミを疑い、猫の体を調べてみましょう。
猫の体をノミ取り用の櫛などで梳いてみたり、寝床を確認してみると、黒いぶつぶつはありませんか?それはノミの糞の場合があります。
ノミの糞かの確認は、水で湿らせたティッシュなどの上に、その黒いぶつぶつを置いてみると分かります。ノミの糞は吸血した血の固まりでできているため、湿らせたティッシュの上で溶けて赤くにじみます。

ノミの糞を発見したら、猫の体にノミがいると考えましょう。
また猫の体にだけではなく、体から落ちた生活環境の中にもノミが居ると考えることが必要です。

猫の体に寄生するノミを退治することだけでなく、猫の寝床や、猫が居座る場所には必ず、ノミが存在すると考え小まめな掃除が必要です。

ノミの駆除と予防

もしノミを見つけたらどうしますか?
手でつぶすと答えた方、間違いです。

1匹のノミをつぶしても、もし猫に寄生しているのであれば、無駄な抵抗です。
何故ならば、1匹見つけたと言うことはm、その何倍も何十倍も猫の体や寝床にノミがいるからです。

また手でつぶした場合、爪に残ったりしたものが口に入ることも考えられます。
その場合、ノミは人にも寄生します。ノミはつぶさずに正しい駆除方法で退治しましょう。

猫にノミが寄生している様子が有る場合、動物用医薬品の駆除薬が一番効果的です。
できれば、市販のものを使用せずに、動物病院で相談して、愛猫に合うものを処方してもらうことをおススメします。

猫の体についたノミを薬を投与して駆除するだけでは、ノミの根絶はできません。
必ず、猫の寝床や、猫が出入りする場所、お気に入りの場所などを清潔に保つ必要があります。定期的な掃除で予防をしましょう。

光をあてることで、ノミの幼虫や卵の死亡率は高くなります。晴れた日には、猫が使用するマットやクッションなどを直射日光に当てるようにしましょう。

猫のダニ被害について

猫に寄生するダニは一般的にマダニと呼ばれるもので、草むらに生息し、猫の体にくっつき血を吸います。特に耳や顔などの皮膚の薄くて柔らかい部分に寄生することから、耳ダニ感染症と呼ばれる皮膚の病気に掛かります。

マダニは800以上の種類があり、強力な爪でしっかりと取付き、一度付いたら数日間離れません。その間にどんどん血を吸い、マダニは大きくパンパンに膨らんで、黒いイボのように皮膚に食いついています。

しっかりと取付いているので、無理に引きちぎると一部が皮膚に残り化膿します。
必ず無理に取ろうとせずに、駆除を行う必要があります。

マダニが寄生すると、猫はかなりの痒みを感じます。また耳の辺りの痒みがひどい場合掻きすぎで外耳炎を起こす場合もあります。

ダニの駆除と予防

ダニの駆除には駆除薬の使用が効果的です。しかしホームセンターなどで売られている一般薬は、猫の体には強力過ぎる殺虫成分が入っている場合があり、おススメできません。

愛猫の健康を考えるのであれば、是非動物病院を受診して、猫の有った薬の処方をしてもらいましょう。

動物病院で処方される駆除薬は、スプレータイプやスポイトタイプがあり、内服液や注射による駆除方法もあります。

猫に寄生したダニを駆除しても、それだけでは、また繰り替えすことを考える必要があります。その予防には、ノミにダニも効果の有る発育予防剤を使用する方法があります。
こちらも内服薬やスポイトタイプがあり、1度投薬すると3カ月から6カ月など、効果が持続します。

こちらも動物病院で相談して、愛猫にあった薬を処方してもらう様にしましょう。

正しい知識を持ち、効果的な予防や駆除を行うことで、ノミやダニで猫も人も困らない快適な生活ができるようにしてください。