猫を飼っている人の悩みで、もっとも多いのが抜け毛の悩みだと言います。
短毛猫も長毛猫も、同じように一定の抜け毛があります。
そんな猫を飼う上での悩み、抜け毛対策についてまとめてみました。
是非、ご活用頂ければと思います。

猫の抜け毛対策

猫の抜け毛には四季がある!

猫の毛が抜けやすい時期は、夏の始まりがもっとも多く、
春と秋の換毛期にも、こんなに抜けるのと驚くほどの抜け毛が見られます。
人の衣替えの時期と同じと考えれば良いようですね。

抱っこすると、飼い主さんの服が猫の毛だらけなんて、経験ありませんか?
気が付けば、お部屋の中に猫の毛がふわふわ飛んでいることも有るはずです。

猫の抜け毛は病気が原因の場合も有る!

猫は換毛期でなくても、日々抜け毛があります。
しかし、普段とは違う抜け毛の量や、痒みを伴っている様子の場合は、
病気が原因で抜け毛が起こっていると考えられます。

抜け毛の症状がある主な病気をあげてみましょう。

  • ストレスによる脱毛症
  • アレルギーによる皮膚炎
  • ノミやダニによる皮膚炎
  • ビタミン欠乏症

などがあります。
特に左右対称に抜ける場合は、ホルモン異常の場合がありますので、
動物病院で診察してもらうことをおススメします。

抜け毛を放置していると、猫が体を舐めた時に抜け毛を飲み込んでしまい、その毛玉を吐くと言うことが起こります。
この毛玉を吐く行為は、猫の体に負担が掛かり健康を害します。
異常な抜け毛の場合は、適切な処置を早めに取ることを、おススメします。

抜け毛対策のポイント

シャンプーでごっそりと落とす方法

猫は体臭がほとんど無く、短毛猫ではシャンプーは必要ないと言われています。
猫の様子を見ていると、始終体を舐めて清潔にしていますね。
しかし、抜け毛対策にシャンプーは大いに効果があります。

短毛種は春と秋の換毛期に一度シャンプーをして、ごっそりと抜け毛を落とす。
長毛種は月に1度程度シャンプーすると、さっぱりとし、毎日の抜け毛が減ります。

ただし、シャンプー前にはブラッシングを必ず行うことで必須です。

コロコロを愛用しよう

ラグマットや絨毯などの猫の抜け毛対策は、粘着ローラーでコロコロすれば、
かなりの量が取り切れます。
短毛種の場合は、直接、猫ちゃんのカラダをコロコロしても、綿毛状に残っている毛が取れるので、猫ちゃんに痛みは無く抜け毛が取れます。

何と言ってもブラッシング

猫の抜け毛対策は、ブラッシングが一番効果的です。
短毛猫と直毛猫によって、ブラッシングするブラシが違うのはご存知でしょうか?

それでは、抜け毛対策に効果的な、ブラッシングの方法をご紹介しましょう。

効果的なブラシ選び

短毛猫の場合、抜け毛で毛玉になることは少ないので、先ほどのコロコロで済ませても良いのですが、ブラッシングをする場合は、ラバーブラシを使用すると良いでしょう。

ラバーブラシは柔らかく猫の皮膚を傷つけることがありません。
血行を良くするマッサージ効果もあるラバーブラシで、
軽くブラッシングするだけで、ごっそりと抜け毛が取れます。

直毛猫の場合は、獣毛ブラシからブラッシングを始めましょう。
なぜ、獣毛ブラシが良いのでしょうか?

ナイロン製やプラスチック製だと、静電気が起こりやすく切れ毛が起こりやすい為で、
できれば豚毛のハードタイプのブラシが、良いでしょう。

その次に、毛玉をほぐすのにコームを使用しましょう。
先の丸くなったものを使用すると猫の皮膚を傷つけません。

同じ直毛種でも毛玉になりやすい子は、スリッカーブラシを使用し、毛玉の少なめの子にはピンブラシを使用すると良いでしょう。

まずブラシを揃えるとすれば、基本のコームと獣毛ブラシを揃えることをおススメします。
慣れてくると、色々なブラシを使用してブラッシングをしてみるのも、
愛猫とのコミュニケーションとして、楽しみの一つになりますね。

愛を込めてブラッシングをしましょう!

ブラシを揃えたら、ブラッシングの開始です。
まずは、猫をリラックスさせることが大切です。
顎や首の下など、気持ちの良い所を摩りリラックスさせます。

リラックスしたところで、ブラッシング用のスプレーをします。
直接、毛にスプレーをすると怖がりますので、全身にふんわり掛かる程度にスプレーをします。

基本は毛の流れに沿うようにブラッシングします。一気に梳かすのではなく、
少しずつ梳かしていきましょう。
出来るだけ優しくするのがコツですね。

次は毛の流れに沿ってブラッシングです。
先ほどと反対に梳かすため、取れなった抜け毛が取れやすくなります。
コームやブラシの先が目に入らないように注意深く、ブラッシングを行いましょう。
顎の下や内股、脇は毛玉ができやすい場所なので、念入りに行いましょう。

全身をブラッシングできれば終了です。
長時間のブラッシングは、猫も嫌がりますし、飼い主も面倒になり、
長続きがしません。

慣れてくれば3分以内に済ませるようにしましょう。

ブラッシング嫌いな猫はどうする?

ブラッシングを嫌がる猫は、どうすれば良いのでしょうか?

まず、手で体を触らせることに慣れさせます。
人が体を撫でることに慣れて来たら、撫でながらブラッシングを行います。
触ると喜ぶ場所を、まず最初にブラッシングする。

できれば、子猫の時期にブラッシングに慣れさせておくと良いでしょう。
どうしても嫌がる場合は、無理に行わず、徐々に慣れさせるようにしましょう。

猫と生活するうえで、抜け毛があるのは致しかないことです。
抜け毛の原因が病気の場合は、早く治療をすることが重要です。

猫も飼い主も快適に生活できる様に、ブラッシングで抜け毛対策をしっかり行いたいものですね。